2015年7月28日火曜日

レストハウス ウエノの焼き肉セットが美味しい

徳島県三好市 池田町にあるレストハウス ウエノは、
国道32号線沿いにあり、

1階には直営牧場からの、新鮮で安心な和牛肉の販売もしていて、
また、農家が大切に育てた、四季折々の多種多様な新鮮野菜を
販売していました。

2階にある店内は広くて綺麗で、座席数も沢山ありました。


よく食べるのが、

焼き肉セット肉並盛り 1,000円

焼き肉セット肉大盛り 1,250円

ライス、サラダ、スープ付


肉は柔らかく、味わいがあり、非常に美味しいです。

肉大盛りは、肉並盛りに対し、3割増しの量なので、
大食漢にはお勧めの焼き肉セットです。


⇒⇒ アクセスはこちら


2015年7月27日月曜日

セルフ うどん そば とば作 が美味しい

徳島県吉野川市鴨島町、国道192号線沿いにある、
セルフ うどん そば とば作 鴨島店は、うどんが美味しかったです。


食べたのは、ぶっかけうどん 中2玉 冷たい 290円+消費税 です。


麺はコシがあり、太麺でモチモチとした食感で、
出汁は、カツオ昆布味で、さっぱり味である。


セルフ うどん そば とば作 鴨島店は、本場讃岐うどんと
変わらない味であった。


場所は、国道192号線沿いのダイキ鴨島店の東隣、
メガネの三城跡地に位置します。


⇒⇒ アクセスはこちら


2015年7月13日月曜日

樽平のたらいうどんが美味しい


徳島県から香川県へと抜ける、国道318号線沿いの右手にお店はあり、
国道から30メートルほど降りた位置に駐車場がありました。


さらに駐車場の真下、つまり20メートルほど徒歩で下ると客室があって、
中はは広く、空調が程よく効いた畳敷きの部屋で、
ガラス越しに渓流が見下ろせる感じの良い店であった。


食べたのは、平日のみの、冷やしたらいうどん 530円


麺は細麺で、こしがギチギチあり、美味しかったです。


さらに出汁は、しょうゆに、ハゼ科の 『じんそく』
という魚を入れ作ったもので、美味しい味わいである。


駐車場から客室へと下って行く途中にある、左手の家には、
大きなイノシシの剥製が飾っているのが特徴でした。


国道318号線を北上していると、『 たらいうどん 』 店が数店あり、
この周辺は、香川県の影響を大きく受けた 『 たらいうどん 』
の名産地であるのだろうと思いました。


⇒⇒ 樽平のたらいうどんのアクセスはこちら


2015年7月10日金曜日

奥御所のたらいうどんが美味しい


徳島県阿波市土成町にある奥御所のたらいうどんは、
麺が太麺でこしがあり、美味しいです。

たらいうどん 520円


出汁は鶏がら味で、独特の粘りがあり、美味しい味であった。

香川県境に一番近いせいか、讃岐うどんの釜揚げうどんに近い感じであるが
麺のこしや出汁は、少し違った次元の味わいであった。


奥御所で食べたときに、割りばし入れの紙袋裏面に記された
『 たらいうどんの由来 』 を記します

ココから
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
江戸末期、宮川内谷の山の樵夫(きこり)が谷川に石のかまどを築き手打ちうどんを
ゆで、そのまま釜を囲んで食べていたのがはじまりで、その姿を形容して
“釜ゆで千本”とよばれた。そのうち、このあたりでは冠婚葬祭など人が集
まると大きな飯盆にうどんを入れて、それを囲んで皆んなで食べていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ココまで

とあります。


場所は、徳島道の高速道路、土成ICで降り、国道318号を4~5キロ程
北上すると、香川県との県境近くで、左手に奥御所の大きな看板があるので、
谷へ向かって300メートル余り下ったところにあります。


山の渓谷にあり、空気がよく、夏は涼しい場所である。


⇒⇒ アクセスはこちら


⇒⇒ 奥御所のデータはこちら